読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

boardgame park

ボードゲームを通じた学びを

味方のエージェントは誰だ?コードネーム(Codenames)

カードゲーム

2016年度ドイツ年間ゲーム大賞となったコードネーム(Codenames)です。

コードネーム 日本語版

味方のエージェントを探せ!

2つの敵対するスパイ組織がある。各組織のスパイマスターは、25人のエージェント全員の正体を知っている。君たち現場諜報員は、エージェントたちのコードネームしか知らない。
 君たちの目的は、相手の組織よりも先に味方のエージェント全員とコンタクトを取ること。スパイマスターは、自分の組織のエージェントのコードネームに関するヒントとして、単語1つだけを言うことができる。1語で複数のコードネームのヒントを表現することも可能だ。これを手掛かりに組織の部下たちは、敵のエージェントに接触することなく、味方のエージェントを探し出さなければならない。ただし、1人だけ紛れている「暗殺者」には絶対に触れてはならない。

プレイヤーは、赤のスパイ、青のスパイの2チームに分かれます。

各チームにはそれぞれスパイマスターが1人づつ、残りのメンバーはフィールドスパイです。答えを知っているスパイマスターと探し出す側のフィールドスパイはテーブルの別側に座ります。

テーブルには5行×5列=25枚のコードネームカードを並べます。25人の登場人物です。

スパイマスター側には、コードネームの正体がわかる暗号表カードを持ちます。
https://cf.geekdo-images.com/images/pic2975959_md.jpg
赤と青の〇が各チームのスパイ。黒の×が暗殺者です。


ゲームは、赤と青が交互に行動します。

まず、スパイマスターは自チームのスパイのコードネームに関連するヒントとなる言葉を言います。
フィールドスパイは、ヒントをもとに、コードネームカードを指さします。

そして答え合わせ、自分のチームであっていれば、さらにもう一人挑戦できます。間違っていたら相手の番になります。
ただ、暗殺者を引き当ててしまったら、アウト。その時点で敗北となります。

先に自分のチームのメンバーをみつけられたチームが勝ちとなります。

ワイワイ楽しいパーティーゲーム

ヒントから答えを推定するということで、伝言ゲームのような楽しさがあるパーティーゲームです。

そこそこ人数がいると、話し合いながら、楽しめると思いますs。

今回は日本語版を購入。というのも題カードの日本語化が必要ですので日本語版があるうちにと購入しました。

若干プレイ感が違う姉妹品のコードネーム:ピクチャーズであれば、言語依存はないので海外版でも可能ですが、本家コードネームがお欲しい方は日本語版があるうちに購入されたほうがよいかと思います。

コードネーム:ピクチャーズ 日本語版

コードネーム:ピクチャーズ 日本語版